ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 第8作目は 雪の大地を進むソリです。

作品名 Snow covered landscape with spruce, sledge and church
    雪景色 1915年(大正4年)
デザイナー: Arthur Boesen

デンマークは緯度的に大変高いところにありますが、北大西洋海流という暖流のお陰で、その気候は地図から判断するよりもかなり穏やかなものです。
そのため12月から3月にかけて霜がおりますが、雪はほとんど降りません。

rc1915year.jpg

1915年のプレートには、雪の降り積もった中、クリスマスイブに教会に向かう人々が描かれています。ほとんどの人が歩いていく中、一組のカップルは馬ぞりにのっています。
絵の左側に生えているのはトウヒの木です。
そして右奥に見えるのが教会なのでしょう。

きっとこれだけの雪が積もるのは珍しいことだったので、モチーフとして取り上げら他のでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。