ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 第9作目は 天使と羊飼い(新約聖書から)がモチーフです


作品名 Angel and shepherd 天使と羊飼い1916年(大正5年)
デザイナー: Richard Bøcher

この年のプレートは、新約聖書の一節をモチーフとして、牧師(羊飼い)の前に現れた天使を描いています。

rc1916year.jpg

新約聖書の一節はこうです。
その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。
すると、天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。
天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」
すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。 「いと高きところには栄光、神にあれ、/地には平和、御心に適う人にあれ。」
天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。
そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。
その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。
聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。
しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。
羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。(ルカによる福音書2章:8-20節)

英語の“shepherd”には、羊飼い と言う意味と共に、牧師  と言う意味もあります。
なので、この絵の中の羊飼いは牧師様の衣装を纏っているように描かれたのでしょうね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。